ホーム » 育毛と女性ホルモン

育毛と女性ホルモンカテゴリの記事一覧

妊娠中や産後の抜け毛を防ぐ | ホルモンバランスの乱れにも対応

妊娠してから母乳がではじめる産後まで、女性のデリケートな身体内で
ホルモンのバランスが変わってききます。

女性ホルモンには、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類があります。

通常は、プロゲステロンとエストロゲンが2週間ごとに入れ替わりそれぞれが中心的な働きをします。

妊娠中はプロゲステロンが優位に働き、出産が終わると、また元に戻ります。

この時に、エストロゲンの増加が急激に起こり、身体がそれについていけなくなり、
ホルモンのバランスが乱れて、身体にさまざまな症状が現れてきます。

特に、妊娠中や産後のヘアトラブルは、60%ぐらいの女性が体感されています。

妊娠出産による脱毛は、妊娠後期に成長期の毛髪の割合が増え、
これが出産後同時に休止期に入るため出産後3~4ヶ月に
急に抜け毛が増えるため不安になる女性が多いです。

エストロゲンは、丈夫な髪の毛を発育させる働きがあるため、
妊娠中に抜けるはずだった髪の毛が、産後、一気に抜けてしまうようです。

この他にも、抜け毛・パサツキ・白髪・フケ・カユミなどの症状が現れます。

生活習慣などにより妊娠前から、細毛・薄毛・白髪などがある女性は
産後のヘアトラブルはいっそう増大する傾向があります。

通常は、産後6ヶ月~7ヶ月から1年でもとの通りに戻ります。

しかし、細い毛のまま抜け毛が多くなるなど、あまりにも気になるようでしたら、
女性専用育毛剤を使って、毛根に栄養素を与えるとよいでしょう。

こちらは、女性ホルモンの乱れにも対応した育毛剤で、
12種類の和漢植物エキスを配合し、ナノ化技術を駆使して毛根に早く栄養素を浸透させますので、
目に見えて効果が現れてきます。

今なら最高の技術で製造された女性専用育毛剤1ヶ月分が1080円すので、
是非オススメしたい一品です。

女性用育毛剤「長春毛精」| 初回1ヶ月分が1080円








年齢による女性ホルモンの減少 | エストロゲンの摂取について

いわゆるエストロゲンとは、卵胞ホルモンあるいは女性ホルモンのことで、 英語の語源...

続きを読む

  • 1

Return to page top